ヒマワリの種の栄養素【ジャービル・ハムスター】

スポンサーリンク
ヒマワリの種 ジャービル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ヒマワリの種はジャービルだけでなくハムスターなども大好きなおやつです。

食用としても多くの栄養素が含まれ健康食品として紹介されることもあります。
しかしカロリーが高く、食用油を絞れるほどに多くの油分を含んでいます。
人間でも一日の摂取量は20粒ほどとされているので、はるかに身体の
小さい動物には与えすぎに注意をする必要があります。

スポンサーリンク

ヒマワリの種

ヒマワリはキク科の一年草です。その種子からは油を搾ったり食用として
様々に利用されています。

健康・美容に効果のある注目の栄養素も含まれています。

栄養面

ヒマワリの種に含まれる油分は不飽和脂肪酸でリノール酸が多く含まれています。
ビタミン類では葉酸(ビタミンB類)やビタミンBが多く含まれています。

身体の調子を整えるミネラル類も含まれています。

健康的な生活に注目される栄養成分が数多く含まれています。

しかしカロリーには注意が必要です。
100グラムあたり611kcalです。
大きさにもよりますが一粒あたりで1.2kcal程度になります。

ペレット(ダイエットメンテナンス)のカロリー

一日の栄養をすべてペレットでまかなうとしてカロリーを考えます。

ハムスタープラスダイエットメンテナンスが100グラムあたり360kcalとして
体重の10パーセントを目安にジャービルに与えると仮定します。

体重100グラムのジャービルがいたとすると10グラムのペレット量となり
カロリー面で考えると36kcalをペレットから摂取することになります。

運動量にもよりますがおおよそ36kcalが一日に必要なカロリーとして考えられます。

体重が100グラムより小さいジャービルは必要カロリーは更に少なくなります。
(必要なペレット量が少なくなるため)

ヒマワリの種は一粒1.2kcalなので必要カロリーからみると与えすぎると
カロリーオーバーになり肥満がすすんでしまいます。

おやつ、コミュニケーションとしてのヒマワリの種

ヒマワリの種は好物にするジャービルがとても多いと思います。
慣れないうちでも手渡しでも寄ってきてくれます。
初期のコミュニケーションの手段やおやつとしてジャービルの仲を
深めるのにはとてもいいものだと思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました