初めて飼うジャービル(スナネズミ)を迎え入れる【一週間】

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ジャービルを迎え入れる前にしっかり準備をしておきましょう。
ケージの準備、床材の準備、餌の準備、必要なものを確認します。

必要なものがそろっていればケージ内に床材をしいて、環境に慣れるまでは身を隠せるように
巣箱も置いてあげましょう。
https://sunanezu.com/2020/01/06/goods/

また室内の温度にも注意して25℃前後の過ごしやすい温度にしてあげてください。

スポンサーリンク

初日から1週間まで

初日は初めての環境でストレスを強く感じています。

お世話をしたい気持ちをぐっと抑えて、静かに見守ります。
ケージにジャービルを入れる前に餌と給水ボトルのセッティングをしておきます。
慣れないうちは人間の手に恐怖を覚えてしまうとその後の関係も築きにくくなってしまうかもしれません。
基本的なフードだけにして生野菜はやめておきましょう。
(生野菜は痛むのが早いので)

フードの食べる量を観察し食欲をチェックしましょう。
メインとなるペレットがあまり食いつきが悪いのが続くのはよくないので
ペレットを別のペレットに切り替えることも考えましょう。

掃除は必要最小限にします。

一週間後

ケージ内の広さや環境にも慣れてくるころだと思います。
巣箱の外で動き回る時間が増えてきます。
少しずつコミュニケーションを開始するためにヒマワリの種などを手のひらにのっけて
ジャービルが自然によってくるのを待ちましょう。
少し待っても自然によってこなければまだ早いのであきらめて日数を開けてからチャレンジしましょう。

床材も汚れていれば少しづつ入れ替えや補充をします。

まだまだストレスを与えないように過度な干渉は控えます。

十日~二週間

随分環境にも慣れてきている頃合いだと思います。
しかし個性によって怖がりな性格もあるのでしっかり様子を観察しましょう。
一方的なコミュニケーションはストレスの原因になるのでお互いに幸せな関係を築きましょう。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました