ジャービル(スナネズミ)日々のお世話

スポンサーリンク
ジャービル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

ジャービルと生活するうえで必要なお世話をまとめました。

健康で生活するためにきれいな環境で飼育しましょう。

スポンサーリンク

毎日やること

餌を準備する

ジャービルの餌を準備します。
出来るだけ同じ時間にエサ皿に準備してあげます。
与える量は体重の10パーセントを目安に与えます。

前日の分が残っていた場合はもったいないかもしれませんが新しいものと入れ替えます。
餌におしっこがついていて不衛生になっているかもしれません。

きれいで新鮮なものを食べてもらいましょう

給水ボトルの水替え

ボトル内の水を入れ替えます。
内部をよくすすいで新鮮な水と交換します。

床材のチェック

給水ボトルから水が漏れていたり、おしっこで汚れているかを確認します。
ジャービルの出血などの異常がないかを確認しましょう。

汚れたり濡れている部分は取り除いて補充しましょう。

砂浴び場の確認

ケージ内に砂浴び場所を準備している方は確認します。

砂浴び場でおしっこをしている場合もあります。
湿っていなくても汚れているかもしれません。

全量ではなく2/3程度をいれかえます。

1週間おき

床材はジャービルのうんちやおしっこの排泄物で目立たなくても少しづつ汚れていきます。

一週間を目安に床材の大分を交換しましょう。
その時に床面に溜まった細かいほこりや砂などもきれいにふき取るか卓上ほうきで集めて掃除します。

一カ月程度おき

床材の交換のタイミングで水槽も含めて飼育用品の消毒もかねて丸洗いをします。

洗った後は風通しの良い場所でしっかり乾燥させます。

そのときに退避場所としての仮のケージを用意しておきます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました