ジャービル(スナネズミ)の寒さ対策【ヒーター】

スポンサーリンク
ジャービル
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

スナネズミはもともと乾燥した砂地地帯の出身です。

しかし健康的に快適に過ごすには20℃から25℃ぐらいに整えてあげる必要があります

日本の冬は寒くて夏は湿度が高いので調整してあげましょう。

室内の暖かい空気は上の方に溜まります。人間は適温でも
床面に近い場所に飼育ケージを設置していると冷気にさらされることが
おおいのでその点を考慮に入れておきましょう。

スポンサーリンク

シートヒーター

ケージの温度を調整するヒーターにも様々なタイプがありますが我が家ではシートヒーターを
使用しています。

二つの大きいメリットがあります。
薄いので水槽の下に敷いても邪魔になりません。

ケージの安定感を損なわないので走り回るジャービルでもがたがたと振動が抑えられます。
暖かいところを求めて寝転ぶジャービルが見られます。
ケージの外から温めるので噛むことが大好きなジャービルたちに噛まれる心配がありません。

電源コードがゲージ内を通ることがないので齧られることがないので故障のリスクを大幅に低減し
気付かないうちにヒーターが停止していたということが少ないので安心できます。

デメリットとして
温度を急上昇させることには不向き

じんわりとあたためる床暖房と考えてください。

ヒーターの大きさは底面すべてをカバーするサイズではなく1/3程度の大きさから1/2程度にしておきましょう。ジャービル自身が暖かいところを選んで動けるようにします。温めすぎた際に
退避できるようにスペースを確保しておきます。

保温

ケージをブランケットな出で覆うなど保温も有効な手段です。
冷気にさらされるとケージ内の温度も下がってしまいます。

特に網のケージでは風の通りがよいので暖かい空気が外に逃げないように
対策を考えましょう。

ブランケットが噛みちぎられたりするかもしれないので他のモノでも代用できます。
身近なものでは段ボールでケージを覆います。覆う面の数は調整してください。
段ボール内の空気の層が断熱性があります。
暖気を逃さずに冷気からケージを守ることができます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました